僕は右へ行く

適当に書くよ!

戦姫絶唱シンフォギアを見た!

  • ネタバレ感想
  • たまたま録画→5話くらいまで一気に見た→意外と面白かった
  • 続きが気になる!→niconicoにお金を払って全話見た
  • 昔見てたセーラームーンを思い出した
  • 一番いいなーと思ったのは「歌が力になる」→「歌い続けないと力が出ない」設定
  • バトルシーンで熱いBGMが流れ出しても不自然じゃない!
  • それ以外だとなんか色々突っ込みどころは満載だが! 月とか!
  • あと時々なに言ってるのかさっぱり分からないw 月とか!
  • 主人公の叫びがどうしてもまどかに聞こえる
  • ていうか実は師匠が最強なんじゃね?
  • 「シィンフォギィアアアアアア!!!!」は良かった!
  • 「絶唱に匹敵するパンチ」強過ぎだろ!
  • 絶唱して簡単に復活するなw 1話で死んじゃったひとが可哀想だ
  • 遠距離射撃はなぜかしら燃える!
  • 「安い! 安さが爆発し過ぎている!」
  • 「イチイバル」ってなにかと調べたら、北欧神話に出てくる武器らしい。へー
  • それにしてもやっぱり展開が王道でベタなのはやっぱ良いわー
  • あとで知ったけど、2期が決定しているらしい
  • 世界観の引き継ぎだけで話作れそうだし、同じキャラではないかもなー
  • OP/EDはいま聞くと良い曲に聞こえる


たまに変にアニメ見るとはまってしまうから気をつけよう。


戦姫絶唱シンフォギア 1(初回限定版) [Blu-ray]

戦姫絶唱シンフォギア 1(初回限定版) [Blu-ray]

初めてインフルエンザにかかった話

インフルエンザにかかりました。A型。他に何型があるのか寡聞にして存じませんが、A型だっていわれました。
先週の木曜日の午前中から鼻水が止まらなくなり、午後からなんだか気だるくなり、夜にはぐったりして、金曜日になったら色々壊れてました。
始めは風邪だと思ったのです。
だってこれまでそういう流行の病とはまったく無縁に過ごして来ましたので。
もっというなら、ここ数年風邪にすらなってなかったので、あー久しぶりに体調崩したなーくらいにしか考えていませんでした。
しかし、あとから振り返ってみてもこの金曜日が一番症状としては辛くって、ほとんど何もしていない、というよりできませんでした。
具体的な症状は以下です。

  • 鼻水
    • 起きると垂れる、寝ると喉に溜まる
  • 頭痛
    • 後頭部が痛んで、拳銃が手元にあったら打ち抜きたくなるレベル
    • 揺らすと鋭い痛みに襲われたので、移動は常に地面との平行移動を心がけた
  • 吐き気
    • 食欲ナッシング、食べてもたぶん吐いてた
  • 発熱
    • なんか熱っぽかったけれど、上に比べたら熱いのはあまり大したことなかった
  • 鼻水
  • 頭痛
  • 鼻水
  • 頭痛

とにかく頭痛のせいなのか、熱のせいなのか、考えたり何かをしたりといった脳が働くようなことが何もできませんでした。
録ってたアニメがあったのでそれ観たいなーと思いましたが、視覚からの映像処理は脳に高負荷がかかるらしく一瞬で断念しました。
同じような理由から、本を読んだり、ましてやPCをや。
もう何もする気もなく何もすることもできず、初めてインフルエンザを発症した金曜日は、ずっと布団とこたつで寝ていました。

金曜日の夜にたまたま会社のひとが勤務時間について電話してきて、たまたま起きていた僕がたまたま電話に出ると「それはインフルエンザではないか」と言ってきて、そこで初めて「ああ、そういうのもあるのか」みたいに一人で勝手に納得して。
次の日の土曜日に病院に行ったら、インフルエンザと判定されたのでした。


タミフルも初めて処方されたのですが、医者に「何階に住んでるの?」と聞かれて、何心配してるんだこの医者と思ったのはいい思い出。

ペア作業でいろいろTips増える話

最近開発チーム内でペア作業という時間が習慣化してきたので、
作業内容だけのシェアじゃなくて、
せっかくなので、開発を助ける上でのTipsのようなことも「え? なになにいま何やったんですか?」と言うようにしています。

  • 見て覚えた系
    • Ctrl+zでサスペンド(恥ずかしながら知らなかった)、fgでフォアに戻す
    • Rubyでコーディング中に「end」入れたら勝手にアウトデントされる(vimのプラグイン入れた)
  • 教えてもらった系
    • SSHの接続維持
    • WindowsでCtrl押したら射的の的みたいなマークが出る機能(地味に便利)
    • lvコマンド(今日教えてもらった)
    • vimのbnとbp(バッファ移動をキー割当したりとか・・・)

こういうの一人だと絶対気がつけないからすごくいいです。