僕は右へ行く

適当に書くよ!

優先席付近では電源をお切りください

電車の中で「優先席付近では携帯電話の電源をお切りください」というアナウンスがありますけれども
どうもその性善説に頼り切った考え方にいつも疑問を覚えてしまいます。
そんな大切なこと、赤の他人のする/しないに任せてしまうより、もっと考えろよと。
多分そうならずにいまもこのインターフェイスになっているのは単純に需要と供給と収入と支出とその辺りのよくある大人の事情なのでしょうが。
田舎のワンマン路線でいつまでも無人駅が存在しているようなもの。
本当に必要な何らかの対策が講じられてしかるべき事柄ですものね。
じゃあデザインするとしたらどんな感じになるでしょうかね。
たとえば、一番簡単なのは自動的に強制的に電源が落とすような仕組みをデバイス側と優先席付近の発信機に取り入れるとか、
って電波出したら本末転倒か。
改札みたいなタッチパネルを設置して電源が勝手に切れるとか、電波を100%出力しないオフラインモードになるとか、そんなイメージの仕組みがあればいいな。
というか優先席にはもっと囲いを設けてそこに入るためにタッチパネルにモバイルデバイスをかざさなければならないとか。
現代社会では、もうケータイやスマホを持ってないひとの方が少ないのだから、それを前提にした社会の仕組みづくりにこれからシフトさせてしかるべきなのは間違いないと思うんだけどなー。