僕は右へ行く

適当に書くよ!

なぜエンジニアは擬人化したがるのか〜僕が新人のときに思ったこと

文系大学生だった僕がなぜかいまIT業界で働いていますが
新人だったときはやたらと擬人化されている言葉に戸惑ったものでした。

  • 立ち上げる (定番だけど
  • サーバが死んでる (壊れたのかな?
  • まだ生きてる (pingは通るということだった
  • 完全に死んだ (周りのひとの顔も
  • エラーを吐く (「出す」じゃないんだ
  • ログを吐く (なんで「吐く」なんだ?w
  • エラーを投げる (そぉい
  • メールを投げる (ボタン押してるだけだろ
  • データを食べさせる (食べるの!?
  • スリープする (寝るの!?
  • 子供を殺す (なにそれこわい
  • そのあと親は死ぬ (な(ry
  • 火狐ちゃんまじかわいい (^^;
  • ワオこいつ飛んじゃってるよ (HAHAHA
  • このレコードを全部舐めておいて (ペロペロ?
  • Meたんはツンデレ (実家のPCは確かに言うこと聞かなかったなぁ

思うに

パソコンだとか、サーバだとか、機械相手に仕事をしていると返事が文字通り機械的なものでしかないから
どうしても人間的なコミュニケーションをしたくなるのかもしれません。
それが擬人化、という形になって現れるのではないでしょうか。